クリニックニュース

2017.01.28更新

flower2当院にてマイコプラズマ感染の検査が可能となりました

マイコプラズマの関しましては、これまで多くのご要望がありながら当院では検査ができまんでした。
この度、富士フィルム社製電子メトリー分析装置を使用したマイコプラズマ検査システムを導入いたしました。
病原体(ウイルス・細菌)がまだ少ない、ひき始めでも検出しやすい「高感度検出技術」用いています。
この技術は当院のインフルエンザ検査でもすでに導入しており、感染初期の患者様の診断に威力を発揮しています。
「高感度検出技術」では、インフルエンザやマイコプラズマの病原体に付けた目印を、従来の100倍の大きさに増幅します。
そのため、発症初期など、病原体が少ない段階でも、インフルエンザウイルスや肺炎マイコプラズマをより検出しやすくします。

flower2マイコプラズマ肺炎は早期検査が重要です

今回の検査システムの導入により、確定診断に基づいた治療導入が可能となり、患者様に適切な治療を適切なタイミングで導入することが可能となりました。

投稿者: 新宿トミヒサクロスクリニック

  • Doctor's File ドクターズファイル vol.8414 三浦崇幣院長 新宿トミヒサクロス クリニック(新宿区/新宿御宛)
  • 携帯・パソコンから インターネット診療予約 診察の事前申込をご希望の方はこちら
  • 人間ドック・健診 インターネット予約はこちら
  • 新宿トミヒサクロスクリニック クリニックニュース
  • 新宿区区民検診 インターネット予約はこちら
  • 全国土建人間ドック
  • 人間ドック健康診断 予約
  • 診療予約 予約
  • 新宿区区民検診 予約
  • 全国土建人間ドック