クリニックニュース

2017.02.27更新

この記事を読んでいただいている方が認知症である可能性は高くないと思います。
高齢化に伴い、認知症の患者様も増加の一途です。
医学の進歩によりアルツハイマー型認知症(AD)レビー小体型認知症(DLB)はその進行を抑制または改善する効果のあるお薬も臨床の現場で使用されています。

この記事を読んでいらっしゃる皆さんのご家族に認知症が疑われる患者様がいらっしゃるかもしれませんね。

leaf認知症早期から治療を導入することで、認知症の進行を遅らせ、患者様はもとより、患者様のご家族のQOLにも貢献できるものと考えておりますnico

今回代表的な認知症診断のスケールである

改定 長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)

をご紹介しますので、身近な方の認知症診断の手がかりになれば幸甚です。

改定 長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R) はこちら

 

投稿者: 新宿トミヒサクロスクリニック

  • Doctor's File ドクターズファイル vol.8414 三浦崇幣院長 新宿トミヒサクロス クリニック(新宿区/新宿御宛)
  • 携帯・パソコンから インターネット診療予約 診察の事前申込をご希望の方はこちら
  • 人間ドック・健診 インターネット予約はこちら
  • 新宿トミヒサクロスクリニック クリニックニュース
  • 新宿区区民検診 インターネット予約はこちら
  • 全国土建人間ドック
  • 人間ドック健康診断 予約
  • 診療予約 予約
  • 新宿区区民検診 予約
  • 全国土建人間ドック