クリニックニュース

2017.03.18更新

以前にご紹介させていただいたB型肝炎の新規治療薬の続報です
お薬の名前は

一般名:テノホビルアラフェナミドフマル酸塩
商品名:ベムルディ®

です

ベムルディ®は肝臓に効率よく取り込まれ、活性化されるようデザインされたテノホビルのプロドラッグです

プロドラッグとは体に入った後に活性体に変化して薬効を発揮するお薬のことです。
有用成分の血中薬物濃度を高く維持できるメリットあります。
製造販売元はギリアド・サイエンシズ社です

すでに臨床で使用されているテノホビル製剤は

一般名:テノホビルジソプロキシルフマル酸塩
商品名:テノゼット®

製造販売元はグラクソ・スミスクライン社です。

ヒト初代培養肝細胞での薬剤暴露後24時間でのテノホビルの活性体であるTFV-DPの量が、
新薬のベムルディ®はテノゼット®に比し約5倍の高容量であったとのin vitro(実験系)でのデータがございます

期待の新薬ですね。

私どもも適応を見極めて慎重に使用してまいりたいと思います笑う

ベムルディ®の添付文書は
こちら

テノゼット®の添付文書は
こちら

投稿者: 新宿トミヒサクロスクリニック

  • Doctor's File ドクターズファイル vol.8414 三浦崇幣院長 新宿トミヒサクロス クリニック(新宿区/新宿御宛)
  • 携帯・パソコンから インターネット診療予約 診察の事前申込をご希望の方はこちら
  • 人間ドック・健診 インターネット予約はこちら
  • 新宿トミヒサクロスクリニック クリニックニュース
  • 新宿区区民検診 インターネット予約はこちら
  • 人間ドック健康診断 予約
  • 診療予約 予約
  • 新宿区区民検診 予約