クリニックニュース

2017.03.24更新

現在は、C型肝炎は経口薬である直接作用型抗ウイルス薬(DAAs)で90%以上が治ります。
B型肝炎に関しても核酸アナログ製剤でウイルスを抑制できる時代です。
最新の医療はウイルス性肝炎を克服しつつあります。

その一方で、近年の肝機能障害の原因疾患として注目を集めている疾患が

非アルコール性脂肪性肝疾患(NFLD)
非アルコール性脂肪肝炎(NASH)

なのです

肝臓の脂肪変性を背景に肝機能が障害され、繊維化、発がんの報告もある疾患ですが、比較的新しい疾患概念であり有効な治療がまだ確立されていません。
現状では病態の単一因子での説明はなされておらず、遺伝子などの患者因子と生活習慣を含めた環境因子の複合要因で発症するのでは、と考えられています。
しかるにNFLDの治療は生活習慣などの併存疾患の治療が重要になるわけです。
しかしながら、実臨床では肝機能障害があるため、積極的な薬物治療ができないジレンマに陥ることが多々あることも事実です。

種々のお薬がNAFLDに効果的であるとの報告があるわけですが、最近の報告で目を引いたのが、

糖尿病の治療薬であるSGLT2阻害薬がNFLD患者様の肝機能を改善する

との報告です。

第24回日本消化器関連学会週間(JDDW 2016)で朝日クリニックの井谷俊夫先生より発表されています。

研究では糖尿病で肝機能障害を持つ患者様にSGLT2を投与した前向き研究で、3ヶ月の投与でAST, ALT, γ-GTPの優位な低下が確認されています

私どもも糖尿病の患者様に投与する機会の多いお薬ですし、安全で使いやすいお薬であるとの印象を持っています。
確かに糖尿病の患者様で肝機能障害をお持ちの方はある程度の割合でいらっしゃいます。そのような患者様には積極的に使っていくべきお薬になるかもしれませんね。

糖尿病の患者様に限らず、この研究がNFLDの標準治療開発のヒントになるといいなあ笑うと思います

 

投稿者: 新宿トミヒサクロスクリニック

2017.03.20更新

皆さんは

オーソライズド・ジェネリック(AG)

を知っていますか?

ジネリック医薬品はご存知ですね。
ジェネリック医薬品先発品「同等」のお薬で、効果は同等で価格がリーズナブルな点がメリットですね。

しかしながら、経済的なメリットはあるものの、ジェネリック薬品に満足できない患者様がいらっしゃるのもまた事実です。
そんな患者様にご提案できるジェネリック医薬品、それが

オーソライズド・ジェネリック(AG)

なのです。

オーソライズド・ジェネリック(AG)は一般的なジェネリック医薬品とは異なり

原薬・添加物・製造方法まで、すべて同一のお薬です
オーソライズド・ジェネリック(AG)先発品「同一」のお薬です

患者様のニーズに合わせた選択肢が増えることは素晴らしいことですね笑う

投稿者: 新宿トミヒサクロスクリニック

2017.03.19更新

セルフメディケーション税制は、2017年1月から新しく始まった医療費控除の特例のことを言います。
日頃から自発的に健康管理や疾病予防に努めることに加え、軽度な症状であればOTC医薬品(市販薬)を活用し健康の自己管理を推進しようという税制です。

厚生労働省HPによれば

セルフメディケーション税制とは

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組 を行う個人が、平成 29 年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用 から転用された医薬品)を購入した際にその購入費用について所得控除を受けることができるものです。

従来よりある医療費控除制度とセルフメディケーション税制の違いは?

従来の医療費控除制度では、申請者、及び生計を共にする家族が支払った医療費の合計が10 万円を超えなければ利用できませんでした。しかし、セルフメディケーション税制が始まったことで、申請者、及び生計を共にする家族が対象の市販薬を期間中に 12,000 円以上購入した場合、確定申告を行うことで所得控除が受けられます。
ここで注意していただきたいのは

従来の医療費控除制度とセルフメディケーション税制とを併用することはできない

ということです。
購入した OTC 医薬品の代金 に係る医療費控除制度については、従来の医療費控除制度とセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の どちらを申請するかは、対象者ご自身で選択することになります。


医療費控除制度

1 年間(1 月 1 日~12 月 31 日)に、自己負担した医療費(医療機関に支払った診療費)、及び治療の ために購入したOTC医薬品の代金の合計がご自身と生計を共にする家族の分を合わせて 10 万円を 超えた場合、10 万円を超えた金額に対して確定申告をすると所得税が一部還付されたり、翌年住民 税が減額される制度です。

セルフメディケーション税制

健康の維持・増進、疾病予防への取り組みを行う人で、医療用医薬品からの代替を進める観点から 1 年間(1 月 1 日~12 月 31 日)に特定の成分を含む対象のOTC医薬品を生計を共にする扶養家族分をまとめて合計 12,000 円 以上購入した場合、12,000 円を超えた金額に対して確定申告をすると、その年分の総所得金額等から控除される 税制です。(申告者の扶養家族分を含む控除の上限金額は 88,000 円です。)

【税制を利用できる3つの条件】

① 所得税、住民税を納めている

② 申告者が、健康の維持・増進、疾病予防の取り組みを行っている証明として、下記のいずれかを受けている
  dragon特定健康診査(メタボ健診)、又は特定保健指導
  dragon勤務先で実施する定期健康診断(事業主健診)
  dragon健康保険組合、市町村国保等が実施する健康診査(人間ドック、各種健(検)診等)
  dragon市町村が健康増進事業として行う健康診査(生活保護受給者等を対象とする健康診査)
  dragon予防接種(定期接種、又はインフルエンザワクチンの予防接種など)
  dragon市町村が実施するがん検診
注意していただきたいのは
snake市町村が自治体の予算で住民サービスとして実施する健康診査、申請者自身が任意で受診した健康診査(全額自己負担)は対象になりません。
1 年間に対象となるOTC医薬品を購入した合計額が 12,000 円を超えている。
snake申請にあたっては、対象のOTC医薬品の購入で、実際に支払った費用(税込)が対象となっています。健康診査による再検査や精密検査などの費用、予防接種などの費用は対象となりません。

それではどんなお薬が対象となるOTC医薬品ということになるのでしょう?


対象となる多くの医薬品には、新しい税制に対応するため関係団体の自主的な取り組みにより『セルフメディケー ション税控除対象』というマークが印刷、もしくはシールが貼付されています。セルフメディケーション税控除対象』というマークは、製品の大きさやパッケージにより大きさや色、記載箇所が異なります。対象医薬品については、順次マーク付きに置き換わっているそうですが、マークなしでも同じ製品は税制の対象となります。 同じ製品でも、含有される成分により 対象となるもの、対象外となるものもあります。ご注意ください。

対象となるOTC医薬品のリストは
こちら


申請に必要なレシート、領収書

ドラックストアにおいて医薬品を購入した際に発行されるレシート・領収書には、対象商品名の前に「★」「●」などの マークと「セルフメディケーション税制対象商品」「スイッチOTC薬控除」などという印字、もしくは手書きの注記がなされます。申請の際には、このレシート、もしくは領収書が必ず必要となりますので、ドラッグストアや薬局等で市販 薬を購入した際は、受け取ったレシート・領収書は捨て図に大切に保管しておきましょう。

rabbit新しい税制を利用して賢い健康維持管理に努めてまりましょうnico

詳しい内容をお知りになりたい方は厚生労働省のホームページをご参照ください

投稿者: 新宿トミヒサクロスクリニック

2017.03.18更新

以前にご紹介させていただいたB型肝炎の新規治療薬の続報です
お薬の名前は

一般名:テノホビルアラフェナミドフマル酸塩
商品名:ベムルディ®

です

ベムルディ®は肝臓に効率よく取り込まれ、活性化されるようデザインされたテノホビルのプロドラッグです

プロドラッグとは体に入った後に活性体に変化して薬効を発揮するお薬のことです。
有用成分の血中薬物濃度を高く維持できるメリットあります。
製造販売元はギリアド・サイエンシズ社です

すでに臨床で使用されているテノホビル製剤は

一般名:テノホビルジソプロキシルフマル酸塩
商品名:テノゼット®

製造販売元はグラクソ・スミスクライン社です。

ヒト初代培養肝細胞での薬剤暴露後24時間でのテノホビルの活性体であるTFV-DPの量が、
新薬のベムルディ®はテノゼット®に比し約5倍の高容量であったとのin vitro(実験系)でのデータがございます

期待の新薬ですね。

私どもも適応を見極めて慎重に使用してまいりたいと思います笑う

ベムルディ®の添付文書は
こちら

テノゼット®の添付文書は
こちら

投稿者: 新宿トミヒサクロスクリニック

2017.03.13更新

スギ花粉の飛散もピークを迎えようとしております

スギ花粉症の患者様の中には、

いつものお薬を飲んでいるにも関わらず症状が改善しないnamida
場合によっては増悪している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今日ご紹介するお薬は、そんな方々の救世主笑うになるかもしれません
現在臨床で使用されている花粉症の主要なお薬は、

ヒスタミンH1受容体拮抗薬です

このお薬は、抗原(花粉)によって刺激を受けた肥満細胞から有利されるアレルギー物質のヒスタミンンの結合部(受容体)をブロックしてアレルギー反応を抑制します。
アレルギー物質はヒスタミンの他にも、

システイニルロイコトリエン(CysLTs: LTC4, LTD4, LTE4)
血小板活性化因子(PAF)、プロスタグランジンD2(PDG2)

などがございます。

これらの種々のメディエーターの中で、花粉症症状の発現の主役的役割を果たしているのがヒスタミンなのです
そしてヒスタミン受容体の中でもアレルギー反応に強い関わりがあるのでヒスタミンH1受容体ということになるわけです

故に、治療の第一選択薬としてヒスタミンH1受容体拮抗薬が使用されるのは至極当然なわけです

しかしながら、先述の通り、アレルギー症状のメディエーターはヒスタミンだけではないわけですから

ヒスタミンH1受容体拮抗薬だけでアレルギー症状を全て抑え込もうとするのも無理がある話ですun
そういう訳で、花粉の飛散が多くなってくるとお薬が効かなくなってくる患者様が出てくるのです

今日ご紹介する

ディレグラ®:フェキソフェナジン塩酸塩/塩酸プソイドエフェドリン配合錠

です。

ディレグラ®の成分のフェキソフェナジン塩酸塩はヒスタミンH1受容体拮抗薬で、OTC(大衆市販薬)でも有名なアレグラ®の成分です

ということは

ディレグラを特徴付ける重要な成分が、塩酸プソイドエフェドリンということです

rabbitプソイドエフェドリン
ディレグラ配合錠に含まれるプソイドエフェドリンの作用機序はα-受容体刺激作用になります。血管に存在する受容体の1つとしてα受容体があり、この受容体が活性化すると血管が収縮するのです。

この血管収縮作用により、鼻閉の追加的改善効果が期待できるのです
医療用医薬品として抗ヒスタミン薬とプソイドエフェドリンが配合されたお薬はディレグラ配合錠のみです

tigerディレグラはプソイドエフェドリンが含有されているため併用禁忌疾患がございます。効果の高いお薬ですが、適応を見極めて慎重に投与することが必要です

MAO阻害薬投与中の患者様、重篤な高血圧のある患者様、重篤な冠動脈疾患のある患者様、緑内障の患者様、前立腺肥大症の患者様
には禁忌となっております

ディレグラ®の添付文書は
こちら

 

投稿者: 新宿トミヒサクロスクリニック

2017.03.12更新

FDは致死的疾患ではありません
しかしながら、患者のQOLに対して大きな影響及ぼし、また症状が一度改善しても再発を繰り返すことが多いため、病悩期間が長期に及ぶことが問題です。
さらに病因がいまだ十分に解明されておらず、その治療法も確立していません。
これまでは、患者の症状に応じて、H2受容体遮断薬(H2RA)、プロトンポンプ阻害薬(PPI)消化管運動改善薬を単独もしくは併用する対症療法が中心でした。

2013年から国内での使用が承認されたアコチアミド(アコファイド®は、

世界で初めてFDの適応を取得した消化管運動機能改善薬です

rabbitアセチルコリンエステラーゼ(AChE)を阻害することで、コリン作動性神経終末から遊離させるアセチルコリン(ACh)の分解を抑制し、胃前庭部及び胃体部におけるAChによる収縮や運動を増強させます

その結果、FD患者における胃穹窿部の反応性弛緩、胃前庭部の運動亢進作用や、胃運動低下改善作用が期待できるお薬です

以前の記事、「機能性ディスペプシア(FD)の病態」で述べたように、

新しい機能性消化管障害(FGID)の病態評価基準であるRome IVにFDの新しい治療法としてアコチアミドの記載があります

『アコチアミドは、胃底部弛緩・運動促進作用を持つ新規化合物で、そのコリン作動性効果により、プラセボ(偽薬)に比べ有意にディスペプシア症状を改善します。特にEPS(心窩部痛症候群)ではなくPDS(食後愁訴症候群)に有効です。』

tiger私どもの臨床での使用経験では、EPSにもPDSにも比較的効果があるように感じられます。
FDの患者様は胃食道逆流症(GERD, NERD)を合併することが多いことも報告されています。
酸分泌抑制薬、特に強力なプロトンポンプ阻害薬を併用することも多いことから、EPSにも効果的と感じているのかもしれません。
いづれにせよ、臨床でのFDの治療は、単独薬剤での解決は稀であり、酸分泌抑制薬(タケプロン®など)、消化管蠕動賦活薬(ガスモチン®など)、漢方薬(ツムラ六君子湯®)などとの組み合わせにより症状が改善するケースが大半であるのが事実です。

dog診断が重要で、以前の記事でもお話ししたように、器質的疾患の除外のための内視鏡検査(胃カメラ)は必須となります。
FDが気になる患者様は一度当院を受診ください。

FDの症例解説のポスターがあるのでご覧ください

症例1は こちら
症例2は ちら

アコチアミド(アコファイド®)の製造販売元は
ゼリア新薬工業株式会社
発売元として
アステラス製薬株式会社
との併売となっております。

アコファイド@の添付文書は こちら

投稿者: 新宿トミヒサクロスクリニック

2017.03.09更新

潰瘍性大腸炎「古くて新しいお薬」をご紹介いたします。

古くて新しい?

そう、古くて新しいのです。
潰瘍性大腸炎の基本治療薬として従来然としてメサラジン(5-ASA)を超える薬剤はございません。

今回ご紹介するお薬もメサラジンです。古いお薬です。
お薬は古いのですが、薬のデリバリーシステムが工夫され、直腸まで大腸全域にメサラジンを送達できるようになった点が新しいのです。

その新しいドラッグデリバリーシステムが

multi matrix system : MMX

です。

MMXの特徴
rabbitpH応答性コーティング
大腸に到達するまでメサラジンが溶け出さないよう薬がコーティングされています。UCの病変部位である大腸へメサラジンが送達されます。

rabbit親水性基剤と親油性基剤のマルチマトリックス(MMX)
親水性基剤がゲル化して膨張し、メサラジンの放出が緩やかになります。
親油性基剤が腸液の侵入を抑制し、メサラジンの放出がより緩やかになります。
このマルチマトリックス構造により、メサラジンの放出が徐放化され、直腸まで大腸全域にわたりメサラジンを持続的に放出できるのです。

このMMXにより

これまでのメサラジン製剤に比較して、左側大腸炎型、直腸炎型のUCの改善により効果が期待できます笑う

これまでの臨床研究の報告から、メサラジンは容量依存的に効果を発揮すると言われています。
たくさんのメサラジンが病変部位に送達されることが重要なわけです。

アルダ®のの有益な点は、MMXによる全大腸への送達性だけではなく、

現在臨床で認められているメサラジン製剤の中で、4800mg/日のメサラジンを使用できるのはリアルダ®だけです笑う

さらに服薬アドヒアランス観点からも、

1日1回の投与で済むリアルダ®は、内服が簡便です笑う

デメリットも申し上げて多くと、

錠剤が大きく飲みにくいという点ですun

私どもは、患者様の病態と服薬コンプライアンスを考慮し、患者様に最善のお薬を選択させていただきます。
潰瘍性大腸炎でお困りの患者様、何なりとご相談ください。

リアルダ®の添付文書は
こちら

 

投稿者: 新宿トミヒサクロスクリニック

2017.03.08更新

2014年10月にシダトレン®が発売され、当院でもスギ花粉免疫舌下療法にてシダトレン®を導入され、その効果を期待して日々舌下に勤しんでいただいている患者様がいらっしゃいます。

効果はあるんだろうか?suu

至極ごもっともな質問ですよね。
この度アレルギー学会の専門紙にその効果を検証した論文が上梓されておりますのでご紹介させていただきます。

資料原著は

アレルギー 65(9), 1209-1218, 2016(平28)
「スギ花粉症舌下免疫療法の治療2年目133例における2016年の治療効果」

となります

結果は

rabbitスギ花粉に対する舌下免疫療法(SLIT)は従来の皮下免疫療法(SCIT)との治療効果に有意差を認めていません
rabbitほぼ全ての評価項目で、SLITは他の薬物療法より有意に良好でした
rabbit併用薬のない、鼻眼症状スコアが1点以下の例はSLITの26.3%でした

これはすごいことですよ笑う 

tiger治療2年でドラッグフリーになる患者様が3割弱いらっしゃるということです

経年的にはこの割合は増えていくはずです。

もちろん安全性も評価されており

dog治療1年目の軽微な副反応(治療に支障なし)が40.5%と報告されており、1年以降2年目までの副反応はわずか5例で、いずれの症状も1〜2週間の短期に軽快しています。

bird今回の報告を踏まえると、アナフィラキシーなど全身的な副作用の多いSCITよりも、より安全で効果の劣らないSLITの治療を提供していくことに自信を深めました。
スギ花粉症のSLITの治療開始時期は、花粉の非飛散期の5月〜12月になります。スギ花粉症でお困りで、舌下免疫療法(SLIT)を検討されている患者様は是非一度当院へご相談ください。

投稿者: 新宿トミヒサクロスクリニック

2017.03.05更新

これまで機能性消化管障害(FGID)の1病態である機能性ディスペプシアの病態を分類/評価する基準はRome IIIでしたが、

この度その改訂版であるRome IVが2016年5月に刊行されました

現在では非常に身近な病気となった機能性ディスペプシア(FD)について、Romr IVの観点から、多少専門的なお話になるのですが、ご紹介させていただきます

病型分類
A 食道障害
B 胃・十二指腸障害
C 腸障害
D 消化管由来腹痛の中枢介在性障害
E 胆嚢・乳頭括約筋障害
F 直腸・肛門障害
G 新生児および乳幼児の消化管障害
H 小児・青年期の消化管障害

機能性ディスペプシアB 胃・十二指腸障害に分類されますpue

rabbitRome IVにおける機能性ディスペプシアの定義
胃・十二指腸領域に起因すると考えられる以下の症状のうち1つ以上がある
①つらいと感じる食後のもたれ感
②つらいと感じる早期飽満感
③つらいと感じる心窩部痛
④つらいと感じる心窩部灼熱感

今回の改訂ではこのつらいと感じる」という文言が肝のようですね

かつ
症状を説明しうる器質的疾患がない
少なくとも6ヶ月以上前に始まり、直近の3ヶ月間に上記症状がある

上記定義を基に、機能性ディスペプシアはさらに2つの病態に分類されます

boar食後愁訴症候群(PDS)
①②のうち少なくとも週に3日、1つか2つをみみたす

tiger心窩部痛症候群(EPS)
③④のうち少なくとも週に1日1つか2つをみたす

とされています

monkeyまたヘリコバクター・ピロリ(Hp)感染に関しては別途記載があり

「ヘリコバクター・ピロリ陽性でディスペプシア症状がある場合、除菌後6〜12ヶ月経過して症状が消失または改善した場合はヘリコバクター・ピロリ関連ディスペプシア(HpD)である」

とされています

腹部愁訴を有する多くの患者様んが機能性ディスペプシアの可能性がございます。まずは確実な診断が必要になります。
内視鏡検査は診断の上で必須であり、当院では症例経験豊富な消化器内視鏡専門医の医師が責任を持って検査にあたります。

お腹がおかしいな、と思ったら先ずはご相談ください。

機能性ディスペプシアには効果的な治療薬がございます。
アコチアミド(アコファイド®)というお薬です。
この薬に関しましては機会を改めてお話しさせていただきます。

投稿者: 新宿トミヒサクロスクリニック

2017.03.03更新

2月15日より新しいC型肝炎の治療薬

一般名
ダクラタスビル塩酸塩・アスナプレビル・ベクラビル塩酸塩配合錠

商品名
ジメンシー®

薬価収載され、保険適用となっております。
製造販売元は、ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社(BMS)です。
もちろん

ウイルス肝炎治療費助成の対象治療ですni

効果は高い薬ですnicoが、併用禁忌・注意薬剤が非常に多く、副作用として肝機能障害が比較的高い頻度で報告nnnされており、
その使用には慎重を期する必要があります。

tiger薬剤のリスク・ベネフィットを十分検討した上で治療導入しないと、患者様の利益を損なう可能性があります

この新薬のメリット・デメリットは日を改めてご紹介させていただきたいと思います。
エビデンスのある科学的なデータをコンパクトにまとめられているのが薬剤添付文書です。
本日はこちらをご紹介しております。
併用禁忌・注意薬剤の多さにビックリganされると思いますよ。
専門用語の多い読みづらい文書ですが、興味のある方はご参照ください。

ジメンシー®配合錠の添付文書は
こちら

 

投稿者: 新宿トミヒサクロスクリニック

前へ
  • Doctor's File ドクターズファイル vol.8414 三浦崇幣院長 新宿トミヒサクロス クリニック(新宿区/新宿御宛)
  • 携帯・パソコンから インターネット診療予約 診察の事前申込をご希望の方はこちら
  • 人間ドック・健診 インターネット予約はこちら
  • 新宿トミヒサクロスクリニック クリニックニュース
  • 新宿区区民検診 インターネット予約はこちら
  • 人間ドック健康診断 予約
  • 診療予約 予約
  • 新宿区区民検診 予約