クリニックニュース

2017.04.26更新

私は認知症の専門医ではありませんが、内科の家庭医を営んでいると患者様、あるいはそのご家族の認知症の相談を受けることがよくございます。

当院では、先ずは専門医医療機関をご紹介させていただきます。
認知症が診断されると、必要に応じて薬物療法などの治療が開始されます。
治療後症状が落ちついた時点で、紹介先より逆紹介いただき当院にて治療を継続することとなります。
もちろん紹介医療機関と患者様の関係は医療連携で担保されますので、症状の増悪、急変時には紹介先医療機関において再治療となります。

私どもが専門医を紹介させていただく理由は認知症の診断がデリケートで複雑だからです。
以下に認知症診断の流れをお示しします。
検査の詳細まではご紹介できませんが、診療の流れをご理解いただけると幸甚です。

認知症の原疾患は多数存在します。
アルツハイマー病、血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症、正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫、甲状腺機能低下症などがあります。
最も多いのがアルツハイマー病で50〜60%を占めています。

診断の第一段階は問診で、長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)ミニメンタルステート検査(MMSE)などの認知症テストなどが行われます。

並行して身体的検査が行われるわけです。
画像検査ではCTMRIさらには脳血流SPECTが行われます。
侵襲的な検査になりますが、脳脊髄液検査アミロイドβ(Aβ)タウ蛋白を測定する場合もございます。
画像検査も髄液検査も診断精度に大差はございませんせんが、画像診断は高コストになります。
さらにはアミロイドPETタウPETを施行することで、より正確なアルツハイマー病の診断が可能となります。
レビー小体型認知症においては123I-MIBG心筋シンチグラフィドパミントランスポーター(DAT)スキャンを施行する場合もございます。
もちろん血液検査では甲状腺機能をはじめ種々の原疾患または鑑別疾患のマーカーがスクリーニングされます。

これらの所見を総合的に判断し病気が診断されます。
お判りのように、個人クリニックでは到底不可能な物理的検査が多数ございます。
これで高次医療機関を含めた専門医をご紹介させていただく理由をご理解いただけたと思います。

当院の近隣で認知症診断にでご紹介させていただく医療機関の1つにこ、私の母校でもある東京医科大学病院/高齢診療科がございます。認知症の地域医療連携がしっかりと確立されており、信頼できる医療機です。

東京医科大学病院/高齢診療科の詳細は
こちら

 

投稿者: 新宿トミヒサクロスクリニック

2017.04.06更新

先日のことですが、関西ジャニーズJr.西畑大吾さんが、

「役作りで髪の毛を伸ばすために亜鉛のサプリメントを飲み始めた」

というニュースを目にしました。
私たちが臨床で使用するお薬にも亜鉛を含有したお薬がございます。
そんな亜鉛つながりのお薬を今回はご紹介したいと思います。

1つは胃薬の

ポラプレジンク/プロマック®

というお薬です。
適応疾患は胃潰瘍ですが、現在は味覚異常にも保険適応が認められています。

2つ目のお薬は

酢酸亜鉛水和物製剤/ノベルジン®

というお薬です。
ウィルソン病という特殊な疾患のお薬ですが最近低亜鉛血症への保険適応が認められています。

両薬剤とも決して髪を伸ばすためのお薬ではないので悪しからず

プロマック®の添付文書は
こちら

ノベルジンの添付文書は
こちら

投稿者: 新宿トミヒサクロスクリニック

2017.04.05更新

近年のC型肝炎の治療の発展は目覚ましく、治療効果の高いインターフェロンフリー治療薬である直接作用型抗ウイルス薬(DAAs)の開発・発売も相次いでおり、毎年のように新薬が販売承認されている状況です。
殊にC型肝炎・ゲノタイプ(GT)1型に対しての治療選択肢は多岐に渡ります。
どの薬をどのようなタイミングでどのような患者様に使用するべきか、専門家でも迷う場合もあるわけですから、患者様は尚更ですよね。

このような状況を踏まえて、日本肝臓学会は「C型肝炎治療ガイドライン」(GL)を改定し、3月10日に最新第5.3版を公開しています。

最近では2016年12月にダクラタスビル(DCV)/アスナプレビル(ASV)/ベクラブビル(BEC):ジメンシー®が臨床で使用できるようになりました。
ジメンシー®は国内臨床試験でのウイルス学的著効(SVR)12達成率が95%超であり、新しいGLにもC型肝炎GT1型C型慢性肝炎に対して、DAAs治療歴のない患者様初回治療再治療ともに治療フローチャートに加えらえられています。
現在では、DAAs治療歴のない患者様C型肝炎GT1型に対してのDAAs治療選択薬は4種類となっております。

tiger4種類の内訳は

ソホスブビル(SOF)/レジパスビル(LDV)
:ハーボニー®

オムビタスビル(OBV)/パリタプレビル(PTV) /リトナビル(r)
:ヴィキラックス®

エルバスビル(EBR)/グラゾプレビル(GZR)
:エレルサ®/グラジナ®

ダクラタスビル(DCV)/アスナプレビル(ASV)/ベクラブビル(BEC)
:ジメンシー®

です。

治療の選択は患者様の種々の条件によって複雑です。

専門的な記載になりますが
C型慢性肝疾患(ゲノタイプ1型・2型)に対する治療フローチャート
こちら

 

投稿者: 新宿トミヒサクロスクリニック

  • Doctor's File ドクターズファイル vol.8414 三浦崇幣院長 新宿トミヒサクロス クリニック(新宿区/新宿御宛)
  • 携帯・パソコンから インターネット診療予約 診察の事前申込をご希望の方はこちら
  • 人間ドック・健診 インターネット予約はこちら
  • 新宿トミヒサクロスクリニック クリニックニュース
  • 新宿区区民検診 インターネット予約はこちら
  • 人間ドック健康診断 予約
  • 診療予約 予約
  • 新宿区区民検診 予約